山田裕貴の父は元プロ野球選手!【そっくり比較画像】最高年俸は○千万!

当ページのリンクには広告が含まれています。

俳優としてドラマ•映画で活躍中の山田裕貴(やまだ ゆうき)さん。

2011年に特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」でデビューを果たしていますが、
デビュー当時は『元プロ野球選手の息子』と紹介されることが多くコンプレックスに感じていたようです。

山田裕貴さんの父親は元プロ野球選手の誰なのでしょうか?

この記事では、
・山田裕貴の父は元プロ野球選手の山田和利!【そっくり比較画像】
・山田裕貴•父のプロ野球選手時代の成績は?【現役動画】
・山田裕貴•父のプロ野球選手時代の最高年収は?
・山田裕貴•父のプロ野球選手引退理由は?

をまとめていこうと思います!

目次

山田裕貴の父は元プロ野球選手の山田和利!【そっくり比較画像】

山田裕貴の父は元プロ野球選手!【そっくり比較画像】最高年収は○千万!

山田裕貴さんの父親は元プロ野球選手の山田和利(やまだかずとし)さんです!
2人の写真を並べてみたのですが、キリッとした目の形やハーフっぽい目の色がそっくりですね!

父親•山田和利さんのプロフィールがこちら。

名前:山田和利(やまだ かずとし)
生年月日:1965年6月3日
年齢:58歳 ※2024年3月現在
出身地:愛知県名古屋市
身長:178cm
選手歴:中日ドラゴンズ・広島東洋カープ

山田裕貴さんの父親•山田和利さんは中日ドラゴンズに1984年〜1990年•1996年に所属、広島東洋カープに1991年〜1995年まで所属していた元プロ野球選手です!
ポジションは内野手、外野手を務め引退まで11年間現役でプレーをされていました!

山田裕貴•父のプロ野球選手時代の成績は?【現役動画】

山田裕貴さんの父・山田和利さんの現役時代の動画を見つけました!
現役時代の通算成績は【366試合、865打数227安打、22本塁打、102打点、21盗塁、打率.262】。

当時の中日ドラゴンズには【落合博満・宇野勝・立浪和義】といったスター選手が在籍。
なかなか一軍での試合に恵まれなかった山田和利さんでしたが、ベテランとして後半の守備固めなどで、様々なポジションで活躍。1988年の中日ドラゴンズのリーグ優勝時に大きく貢献しています!

山田裕貴•父のプロ野球選手時代の最高年俸は?

https://twitter.com/fujiringo1962/status/1180117568893288448?s=20

山田裕貴さんの父・山田和利さんの現役時代の年俸の最高額は広島カープ在籍時の【2070万円】です!
現役時代の年度別年俸がこちら。

【山田和利:年度別年俸】
1986年(21歳):370万円
1987年(22歳):400万円
1988年(23歳):500万円
1990年(24歳):825万円
1991年(25歳):920万円
1992年(26歳):900万円
1994年(28歳):2070万円
1995年(29歳):2070万円

1994年28歳の若さで現役時代の最高年収2070万円を達成されていました!

山田裕貴•父のプロ野球選手引退理由は?

山田裕貴さんの父・山田和利さんは1996年にプロ野球選手としての現役生活を終えています。
引退理由は『怪我による体の故障』でした。
引退後はそのまま球団に残り、【二軍打撃コーチ・一軍内野守備・走塁コー・一軍打撃コーチ】などを歴任し、1999年、2004年の優勝に貢献しています!

元プロ野球選手の父親の存在のもとで、自分らしさを模索していた山田裕貴さん。
『元野球選手の息子』として紹介されるのではなく、俳優•山田裕貴としての地位はすでに確立されていますね!

⬇︎田中真美子の記事一覧はここから!

⬇︎水原一平の記事一覧はここから!

⬇︎大谷翔平の記事一覧はここから!

目次